日曜礼拝に出席される方々へお願い―当教会の感染症対策―

更新日:2021年9月13日

 当教会では人々の生命の安全を最優先に考えます。

 公開礼拝の際は、以下の感染症対策を行っています。この9月からは変異株は従来株よりも感染力が強いことを考慮して新たな対策を追加しました。礼拝出席をされる方は引き続きご理解とご協力をお願いいたします。


(1)分散礼拝

 感染防止のため分散・時短で礼拝を行っています。基本は一日五回礼拝:9時、10時、11時、13時、14時です。五回礼拝の場合は各礼拝の人数が22人以内になるようにご協力ください(礼拝堂ベンチが22脚あります。ベンチひとつにつき一人が座るかたちで十分な社会的距離を確保できます。礼拝堂の広さは45坪です。)。なお、礼拝回数は感染拡大状況により5回~9回の間で変わります。どうぞ当ホームページにてこまめに確認してください。



(2)来教前

 自宅で検温をお願いいたします。熱や風邪症状のある場合は礼拝出席を自粛をお願いいたします。


(3)来教時

①マスク着用

 教会にはマスクを着用してお越しください(健康上の理由がある場合を除いて不織布マスクの着用をお願いいたします。布やウレタンマスクよりも隙間が無く安全と言われています)。教会に着いたらスタンド式検温器で検温をお願いいたします。来教時に熱のあった場合はこの日の礼拝出席はお控え下さい。また、礼拝堂入り口での手指のアルコール消毒をしてください(アルコール75%消毒液常備)。


②聖書と新聖歌:接触感染を防ぐため、聖書と新聖歌の貸出を中止しています。聖書箇所は週報に印字されています。また新聖歌の歌詞は紙面で用意してあります。


(4)礼拝前:

 ①ジグザグ着席

 礼拝堂に入ったらベンチのクッションの「着席可能」の場所におかけください。飛沫感染予防と会衆讃美の実施のためジグザグ着席にご協力ください。ジグザグ着席をすることで社会的距離(2メートル)が確保できます。


 ②別室礼拝

 ゲスト・県外(感染拡大地域)からの来教・県またぎの旅行(首都圏・感染拡大地域)をしてきた方は別室での礼拝をお願いします(母子室、第一集会室)。


(5)礼拝中

 使徒信条・主の祈りは司会者が代表して告白・祈祷をいたします。歌は感染リスクが高いため、当面の間、会衆讃美は心の中もしくは口を閉じてのハミングでの讃美となります(9-10月は心の中の賛美とさせて頂きます)。


(6)礼拝後

 速やかに換気とベンチの消毒を行います(換気は15分間)。礼拝後は人々との社会的距離を確保し、大声や長い会話は避け、交わりが長くならないようにして速やかに帰宅しましょう。


(7)緊急事態宣言発令時等

 なお、急激な感染拡大が見込まれる局面では、公開礼拝を休止(礼拝出席自粛期間)して牧師と録音係のみでの礼拝とさせて頂きます。


(8)追加対策 2021年9月26日公開礼拝再開に向けて

 変異株は従来株よりも感染力が強いこと、また空気感染も主な感染経路であることも指摘されています。当教会の役員会では、これを踏まえて以下の対策を追加しました。


 ①常時喚起(エアロゾル滞留防止)

 ②二酸化炭素濃度測定器の設置(礼拝堂の前後二か所)

 ③不織布マスクの着用奨励

  布製、ウレタン製よりも不織布マスクの方が隙間が無く、空気感染に有効とされています。健康上の理由など特別な理由がある場合以外は不織布マスクの着用をお願いいたします。なお、不織布マスクの上に布・ウレタンを着用して不織布マスクの脇の隙間を無くすことは、さらに有効と言われています(二重マスク)。


 続けて、人々の生命の安全を最優先して参りたいと思います。教会でクラスターが発生することが無いよう、皆さまが安心して集うことが出来るよう取り組んでまいります。どうぞご理解とご協力をよろしくお願いいたします。



(↓九回礼拝の場合:ベンチ22脚のうち一つおきに座り、11脚のみ使用します)



閲覧数:97回0件のコメント

最新記事

すべて表示